油滴天目茶碗イメージ
油滴に浮かぶ青い光彩
どっしりとした厚みのある質感と、散りばめられた銀色の斑文。
油滴天目は中国の建窯で南宋時代にその技術が完成しました。
本作品は、油滴の斑文にうっすらとブルーの光彩がかかった珍しい一品です。
油滴天目は曜変天目と並ぶ、高度な熟練が必要となります。

油滴天目茶碗、見込み
大きな斑文がいっぱいに広がる景色
油滴斑は器によって大小さまざまですが、本作品は大きめの班が器全体に広がっています。
粘っこい黒釉をかけることで、鉄分が銀色の斑文となり現れます。
油滴の大胆さと、繊細な光彩が魅力です。

油滴天目茶碗、斑文と光彩のハーモニー
油滴天目茶碗、胴
ふっくらとした温かみのあるフォルム
ゆるやかでふくらみのある形が油滴の優美さを引き立てます。
手になじみやすく、ずっしりと土の重みを感じられます。

油滴天目茶碗<虹の器>画像

油滴天目茶碗<虹の器>

作品番号033
サイズ口径124mm 高さ68mm 高台径44mm
重さ275g
価格108,000(税込)
ポイント1
在庫数 なし
数量  
曜変天目、陶片サンプルのご購入
生楽陶苑 
〒889-1911 宮崎県北諸県郡三股町長田6460-1
TEL. 0986-54-1320(9時~17時)
Copyright© 2015 生楽陶苑 All Rights Reserved.